ニートの階段

30代の社会不適合者。ワクワクしたい。

元ニートの恋の終わり

 

f:id:gama777:20181201171116j:plain

 

ニートの恋の終わり

 

恥ずかしい話だが、SNSで偶然に知ったある女の子に完全に惚れてしまって、毎日、毎時間のように頭にその子のことが浮かんできた。

 

一度も会ったことのない女の子に惚れるなんて、人生で一度も経験が無かった。人を好きになること自体が、実に14年ぶりだった(ニートを10年もやっていたしね)。

 

長年のニート生活から、対人恐怖症的になっていたし、コミュ障だし、特に女の子は大の苦手でビビっちゃうしで、もう少し時間を置いて(対人関係の修行をして)から会いに行こうと思っていた。

 

このところ、メンタル不調で全然仕事に集中できない流れが来ていた。そんな時に、「悪の華」という漫画を読んでいたら、やけに素敵な告白シーンが作中に出てきて心に残り、何度も告白シーンを読み返した。

 

一晩寝て、起きて、「あぁ・・もう会いに行ってみようか」と急に決意した。もうこの決定の瞬間から、常時ドキドキが止まらなかった。半端ない緊張感だった。

 

数日後、彼女のバイトする飲食店に会いに行ってみた・・・

 

入る前は死ぬほど緊張した。アウェー過ぎる環境。上手くいかない理由が無数に湧いてきた。

 

実際に会ってみた

 

他に邪魔者(客)がいたので、自分が話したいように話せなかった。まぁ、良くも悪くも無難な会話に終始した。

 

心の中に違和感が常にあった。

 

なんか思ったよりドキドキしなかったのよ.....。

 

家に帰って、激しく失望した。

 

自分が彼女に抱いていたイメージとは違ったんだ....。あまりに美化し過ぎていたのだろうか。それとも.....何だったんだろうか。自分でもわからない。

 

燃え盛っていた恋の炎が、どんどん小さくなっていくのを感じた。まだ好きかと聞かれれば好きだし、気になる。でも、もう前のようには心が燃えていない.....。

 

失望したのは、彼女に対してではなく、中途半端な現実に対してだった。どうせなら恋する気持ちが燃え上がったまま、彼女に相手にされず、あっけなく散った方がよっぽど望んだ結果だと心底思った。

 

切なすぎた。世界があまりに中途半端で、美しくなくて・・。

 

嘆いた。

 

 

-------

 

それから1週間たった。もう元気だ。悪い恋じゃなかった。ずいぶんと自分は変わった。良い方向に。これで良しとしよう。

 

さーて、仕事するか、、しざる負えない状況だな。笑。

 

と、いった感じだw

 

ではでは。

 

 

f:id:gama777:20180112130843p:plain