ニートの階段

30代の社会不適合者。ワクワクしたい。

小ネタ

追記②:書いても書いても、履歴書一枚まともに書けずに苦戦しております..(-_-) 電話するバイト先も決めているのですがもう少し時間が掛かりそうです。どこかで割り切りが必要なのですが、悪筆恐怖症なので簡単に割り切れないのです。

 ーーー

追記③

バイトと無関係のことなのですが、今朝盛大にやらかして大反省したので書き記しおきます。

起床してすぐの朝の7時前、電動シェーバーが床で「ビーーン」と鳴り続けるような音がして上の住人だと思って壁ドンしまくり怒鳴りまくりで完全にキレてしまったw

 

しかしよく調べてみると....異音が出ていたのは自分のPCからw

 

少し言い訳をさせて貰うと、上の住人はバンドマンみたいなので深夜早朝に歌を歌いうるさいので何度か壁ドンしたことがあったのだ。てっきり今回も上の住人かと思ってしまったw

 

ーーー

今回の反省点

○怒りベースで行動する際も、自制的でコントールされた行動をすること。情動に任せないこと。

○相手を攻撃するときは、原因が相手にあるかキチンと確認すること。

○自分は大きな過失を犯すと、嘘を付いてでも逃れようとする性質があることを自認すること。※苦情が来た際に「どっかから音がして五月蝿かった」とシラを切る自分のイメージが浮かんできました。めっちゃ自分のPCなのにw

ーーー

最近、恥ずかしい空想が浮かんできた話もしておきます。

 

※舞台は今度面接に行く予定のお店です。ウザい客が自分に絡みます。そして自分は客にキレます。

 

「あのなぁ?お前ゴチャゴチャうるせぇよ!客だと思ってペコペコしてりゃ調子に乗りやがって!俺はなぁ所詮バイトだからクビになろうが逮捕されようが関係ねーんだよオラ!外出ろや!」

 

……。

あー恥ずかしい。

 

ーーー

空想が浮かんできた原因だと思われるもの

 

○精神年齢がクソガキであること 

○バイトに対する恐怖心が強いこと

○弱い自分に対する劣等感コンプレックスを補うものとして、強い自分=キレられるカッコイイ自分でありたいという気持ちが心の片隅にあった(ガキ過ぎw)

○自分は男性的な攻撃性の成長が異常に遅く、今頃になって少しずつ発達してきたこと

 

などがミックスされて、このような空想が生まれてくるのだと思いますw

今回の事とも無関係とは思えないノリですw

 

ーーー

 

相当派手にやったので苦情が入るかもしれません。そしたら平謝りですな(苦笑)

 

しょーもない話でした。ではでは。

 

※今回の異音トラブルの原因であった2009年製ノートPC(macbook pro)のファンが完全にお亡くなりに。ファン無しだと熱ダレするので、サーキュレーターで無理やり冷やしております。トラックパッドも死んているし、バッテリーも膨張しているし、古すぎて最新のOSにアップデートもできません。さすがに買い替え時な気がしています。鬼ローンでも組みますかな。

※外部ディスプレイに接続して使っています

f:id:gama777:20171116105431j:plain

 

ーーーーーーーーー

 

f:id:gama777:20171007214652j:plain

 

引き続き風邪です。ボーっとしていて非生産的状態が続いているので小ネタです。

 

外からの見え方と、その内実のズレ、みたいなことについて考えたことです。

 

------------------

 

勇気の定義を、恐怖を感じているのに行動する精神力、と定めると

 

3人がスカイダイビングでもしたとして、

 

Aさんは全く恐怖を感じ無かった

Bさんは小さい恐怖を感じた

Cさんは大きな恐怖を感じた

 

一般的に、最も勇敢に見えるのは、恐怖を全く感じていないAさんです。

 

しかし、私の勇気の定義からすると、Aさんはそもそも恐怖を感じていないので、勇気は全く使っていないことになります。

 

一般的に、最も臆病に見えるのは、大きな恐怖を感じていた最後のCさんです。

 

しかし、私の定義からすると、最も大きな恐怖に晒されていたのに、スカイダイビングを実行したCさんが、勇気を最も使った人になります。

 

※別にAさんよりCさんの方が偉いとかなんてことを言いたいのではなく、このように外から見た場合と内実にズレが生じていることが多いなぁ...なんてことを思っただけです。

 

※強者Aさんも他のよりレベルの高い所でしっかり勇気を使っているのが世の常ですしねw

 

------------------

 

似たようなことを努力についても気付きました。

 

まぁ定義次第ではあるのですが。

 

ここでは努力の定義を、心理的に嫌でも実行すること、と定義してみます。

 

------------------

 

2人がジムでトレーニングしています。

 

Aさんはスポーツマンでジムの常連です。筋トレ種目をガンガンこなして、顔もハキハキ明るく、筋肉も盛々です。Aさんにとって筋トレは快楽なのです。筋トレは習慣化しています。

 

Bさんはメタボで、嫌々ジムに来ています。バーベルを2、3回上げたら、「ふぅ....」と不快そうなため息を吐いて、すぐに運動を止めてしまいます。こんなことの繰り返しなので、全くメタボは解消しません。正直言って他人から見ていると見苦しいです。

 

もう説明不要だと思うのですが、上述した努力の定義の観点から見ると、努力しているのはBさんの方なのです

 

全く筋トレの効果は無いですし、ダラダラと見苦しいのにも関わらずです。

 

------------------

 

なんでこんなことを思ったのか、自分でもよくわかりません。

 

まぁ、自分なりに歩いていきましょう。

 

------------------

 

後から気付きました。

 

要はですね、どれだけ努力だの勇気だのを使ったとかは、相手方からは一切考慮されず、求められているのは相手の要求を満たした「結果」だけなんですねw

 

大人の世界とやらはキビシーですw

 

結果以外のことは、どうせ誰からも評価などして貰えないので、自分が奮った勇気だの、努力だのは、せめて自分で評価してあげましょうw

 

読書 

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語
 
 
 
「顔ニモマケズ」という、顔に障碍を持たれている方のインタビュー集を読んだ。
 
顔の障碍という大きな「悩み」に対して、どのように向き合ってきたのか。
 
恋愛・就職・イジメなどを、どのように乗り越えてきたのかなどが綴られている。
 
失礼ながら、自分の「悩み」などと重ね合わせて考えてみたりする機会にもなり、示唆に富む内容だった。
 
以下のリンクは、顔ニモマケズの抜粋です。※リンク先は著者(水野敬也さん)のブログです

ameblo.jp

  

近況 

 

風邪と風邪薬でボーっとする中で履歴書を書いてます。

自分の最も苦手な「字を書くこと」に関することなので鬱です。

練習用に履歴書を10セットも買いましたw

 

※更新はまた来週以降になると思います。当分はバイト決めるのに手こずると思います。10年ぶりのバイトなのでねw ありがとうございます。

 

がまがえる

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ